よしとは山本に石を投げた

よしとは山本に石を投げた、しかしそれは本人に当てるつもりで投げた

のではない。山本はよしとよりも2つ年上である、よしとはまだ5歳だ

った。山本がよしとに悪ふざけをした為、よしとは怒って山本を追いか

けた。よしとは身体が小さい為追いつく訳がない。そこで石を拾って思い

っきり投げた。

そして、その石は山本の頭上を超えてかなり遠くまで飛んだ。しかし、

運悪くちょうどそこに赤色のオープンカーが通りかかった、石は窓ガラ

スにあたった。よしとはすぐさまきびすを返し、一目散に自分の家まで

走って逃げた。

運が悪い事は不思議と重なるものだ。その車を運転していたのは、アメ

リカ人だった。

山本はよしとに追いかけられ、車が民家の陰から急に現れた時に石が

当たったものだから、山本はそのアメリカ人と視線が合ってしまった。

アメリカ人は怒って英語をまくし立てる、山本はその場で大声で泣き

叫ぶ以外になすすべは無かった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25863489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。