よしとは川へ洗濯に行った

家の前の坂道を少し下ると、そこは県道だった。道路は砂利道で

まだ自動車は一日に数台しか通ることは無かった。よしとが3歳

くらいの時県道を一人で横断しかけた、ちょうどその時バスが通

りかかった。

バスの運転手はよしとを避けるため急停車し、若くて美人のバス

ガイドがよしとを自宅まで、抱いていったそうだ。

それから県道を渡る時、よしとの母はいつもよしとの手を握り

「右見て左見て渡るのよ」と言って聞かせた。

県道から川まで50mくらいだが、5歳のよしとにはかなり遠く

に感じた。

父は仕事に出かけ、兄と姉は小学校に行っている為、よしとは母

が洗濯にいっている間一人で家にいるのがすごく怖かった。だか

らいつも母親と一緒に川へ洗濯に行った。そして、手ぬぐいを1

枚洗うくらいのお手伝いをするとすぐに飽きてしまい母親に

「早く帰ろう!早く帰ろう!」

と駄々をこねるのだった。

そしてその時母親のおなかは大きかった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。