よしとは山に芝刈りに行った

「今日は天気がいいから山に芝刈りに行こう」と母が言った。

よしとは「誰と行くの」とたずねた。

「おばあちゃんと、佐山のおばちゃんよ」と母は答えた。

佐山さんは、隣の家でよしとと同い年の男の子がいた。

そして、おばあちゃんが先頭を歩き、よしとの母と佐山のおばさ

んはピクニックに出かけるように、にこやかにそして楽しそうに

話しながら砂利道の県道を歩いていった。

その後をよしとと佐山がはしゃぎながらついていった。

よしとは、芝刈りに行くのはしんどいからいやだった。

しかし、佐山があまりにも楽しそうにはしゃいでいるので、よし

とは一瞬芝刈りのつらさを忘れて、佐山といっしょにはしゃぎな

がら皆について行った。

家から山まで約1キロくらいあった、5歳のよしとと佐山にとっ

ては大変な距離だった。案の定、山に着く前に佐山は「しんど

い」と言って母親におんぶをしてもらった。

山に着くとよしとはもうくたくただった。「しばらく休んど

き!」と母に言われて、よしとはその場にしゃがみこんだ。

しばらくすると、お昼ご飯だった。母親の作ったおにぎりは本当

においしかったが、佐山のおばさんがくれた玉子焼きは甘かった。

昼ごはんが終わると周りの景色がよく見え、はるかかなたに

海が見えた。空気が澄み切っている為、海の青さがひときわ美し

かった。そして、その海の向こうに夢と希望が満ち溢れているよ

うによしとは感じた。

昼食後よしとは落ちている、枯れた木の枝を拾い集めた、といっ

ても5歳の子供のすることである、3本か5本集めたらもうすぐ

に飽きてしまい、その場にしゃがみこんで休憩した。

よしとはほんの少しの枯れ枝を母親に背負わせてもらった。よし

との母は一抱えの焚き物を荷造りし、それを2つも背負い、1キ

ロの道のりを家路に向かった。その時よしとは早く大きくなって、

母に楽をさせてあげたいとしみじみと感じた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。