鶏の世話係り

よしとが小学校に入って間もないころ、

「ごはんですよー」と母親の声がした。

よしとは急いで食卓についた。お腹が空いているからだけではない

父親の箸箱が怖いのだ、それは木製の夫婦箸箱で長さは約30センチ

くらいだ。気の短い父親は子供たちに教育する前に必ず箸箱で頭を

たたき、それから子供たちに注意を促すのが常だった。

だから子供たちは食事の時、常にその箸箱が気になって仕方が無かった

父親はよしとに「よしと、明日からお前が責任を持って鶏の世話をしな

さい。」といい、よしとは直ぐに「はい」と答えた。

よしとはそれまでにも、姉や兄が鶏に餌を与えるのを手伝っていた為、

何の不自由も無かった。

鶏は、やわらかい野草が好きだった。まな板の上に野草を載せて、父親が

研いでくれた包丁で、よしとは細かく刻んだ。よしとは右手の人差し指

の付け根が痛かった。

やわらかい野草といっても、人間が食する野菜に比べると、2倍も3倍も

硬いのである。

小学校1年生のよしとには、かなり苦痛な鶏の餌やりであった。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。