妹の世話



よしとが小学校から家に帰り、母親に向かって「ただいまー」と大声

で言った。

しかし、家にいるはずの母親の声がしない。玄関の上がり口にメモが

置いてあった。

「妹の面倒を見てあげて下さいねー。」

母親が、よしとに書いたメモであった。

母親はよちよち歩きの妹を、家に寝かしたまま、畑仕事に出かけていた

のである。

よしとは、かなり不安であった。

なぜならば、学校からの帰りに、友達と遊ぶ約束をしていたからである。

よしとは、とにかく大急ぎで宿題を終えた。そして、家の周りの畑で

母親を探した。

しかし、母親は見つからなかった。そして、妹はぐっすり寝込んだまま

身動きもしなかった。

よしとは、少しくらい遊んでいても、妹は起きないだろうと思った。

そして、もし妹が起きたとしても気を紛らわすことが出来るように、

寝ている妹のそばに、人形を置いて遊びに出かけた。

2時間くらい友達と遊んで、大急ぎで家に帰ると、妹が家の外で大声で

泣いていた。

よしとは大急ぎで妹を抱き上げた、そして家の中でオムツを替えてあげた。

すると、妹はとても機嫌よくお人形さんと遊んでいた。

妹はただオムツを替えて欲しいだけだったのです。

まだ1歳そこそこの赤ちゃんなのに、とにかく一人で遊ぶのが好きな・・・

と言うか?

いつも母親にほったらかしにされているから、慣れていたのかも知れません。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。